予防するなら、日頃からの対策が大事

足の臭いで悩んでいる方とかは大勢いたりしていて、気にしすぎてしまい精神的にも疲労とかストレスを溜めていることがあったりするので、そういった面に配慮しながら適切な対応方法で足の臭いの発生を予防していく必要があり、対策については足の臭いを発生させている原因に応じて少しばかり異なっておりますが、共通しているのが足の部分の清潔感を保ちつつ、保湿を行いながら過ごしていくことであります。

お風呂とかで身体を洗う時に足裏全体及びかかと部分、足の指の間の部分とかも入念に洗ったりしていれば足の臭いを抑制することができ、足が蒸れやすい人とかは蒸れ防止のグッズやアイテムとかがあるのでそういったを使ったりして対策を取っていけば安心して過ごせるようになります。また靴氏の替えとかを持ち歩いたりして、足が蒸れたりしたらハンドタオルとかで汗を拭き取り、新しい靴下に履き替えることによって足の臭いを防止できます。

足の臭いというのは汗とか雑菌・細菌などが原因で起きたりするものであり、水虫の人の足の臭いを強めてしまうことが多く、水虫を治すことによって足の臭いを解消することができます。また靴や靴下の衛生管理もしっかりとしつつ、防臭・消臭対策をしながら日々を過ごすのも大事となっています。

足の臭いの原因とは?

私は2~3年ほど前に入院していました。その時、素足にサンダルで過ごしていました。そしたら、しばらくしてから足が臭い始めました。お風呂は週に3回だけなのでお風呂に入った時に、よく足を洗い、ボディークリームをぬって手入れをしていました。それでも、1日過ぎるとやっぱり足が臭い始めたので食事の時などは食堂でみんなで食事を食べるので、足が臭っていないかと、常に足の臭いの事で悩んでいました。

アパートに荷物を取りに帰った時に、サンダルを持って帰り、新しいサンダルを履いて、古いサンダルは処分しました。それと、私は病院の廊下をウオーキングするのですが、ウオーキング用のサンダルとウオーキング以外の時に履くサンダルを分けました。それで、かなり足の臭いは改善されました。丁度夏場だった事も有り裸足で過ごしていた事はかなり大きな原因だったとお思います。アパートに帰った時に靴下を持って帰りましたが、まだ使いはしませんでした。

もう少し涼しくなってから使おうと思ってバッグの中にしまい込んでいました。10月頃になって、涼しくなってからは、靴下を履くようにしました。靴下を履くようになってからは、裸足で過ごしていた時より足の臭いは改善されました。靴を履く時は、夏場でも靴下を履いたほうが良いなと思いました。

SNSでもご購読できます。